業界最速クラスのリモートアクセスを実現

どこからでも、すぐに接続

リモートアクセスは実際に使用してはじめて、その価値がわかります。スペックシート上のセキュリティも重要ですが、それ以上に素早く、そして直感的に使いこなせるものでなければなりません。

  • Windows
  • macOS
  • iOS
  • Virtual Desktops

規模に応じたアクセス制御

コロナ禍での著しい需要の高まりにより、ほとんどのリモートアクセスシステムの基礎となる管理プロセスが機能していません。
Dispelは、情報を必要不可欠なものに凝縮することで、滝のよう流れてくる大量のタスクを自動化できるプラットフォームです。ネットワークの一貫した制御を再構築して維持することを可能にします。


  • ロールベースアクセス制御
  • タスク別のワークステーション
  • プロトコルまたはポートごとのホワイトリスト
  • アクセスおよび承認プロセスの標準化

Dispel 導入事例

導入企業:某化学工業メーカー
業種:化学工業

導入事例はこちら

世界的に展開をしている某化学工業メーカーでは、デバッグやメンテナンスなどの日常的なリモートアクセスと、コミッショニング・検証用の破棄可能なイベント的なリモートアクセスを並行して実行するため、Dispelを導入しました。これにより費用対効果が高く、オンデマンドで拡張可能なセキュアリモートアクセスを実践しています。詳しくは導入事例をご確認ください。

ネットワークセキュリティと
コンプライアンス準拠

誰がネットワークにアクセスできるかだけでなく、いつ、どのようにアクセスできるかも管理します。

IEC
IEC 62443
NIST
NIST 800-82, 800-160 v2, CSF v1.1,
Manufacturing CFP
NERC
NERC CIP
  • カスタムスコープによるロールベースのアクセス管理
  • 強制可能な多要素認証設定
  • 包括的なトラフィックログと分析
  • リアルタイムでの画面録画とライブビュー
  • セッションレベルのIP/プロトコルのホワイトリスト
  • ゼロトラストアーキテクチャ
  • 仮想デスクトップを自動でネットワーク化
  • 2層のカラーレスコアAES-256暗号化
  • Moving Target Defense セキュリティ
  • シングルユーズ、シングルテナントコンポーネント
  • FIPS 140-2 レベル3 HSMの統合性
  • データダイオード互換性

すべての産業環境で安全に接続を有効にする

リモートアクセスシステムは、導入の段階から合理的なプロセスが必要です。PLCは十年以上使用するため、リモートアクセスは既存のシステムに適用できる可用性が必要です。

容易な導入

Dispelは、お客様のOTネットワークやDMZのエッジに1台、仮想アプライアンスをインストールするだけです。既存の設備はそのままでご利用いただけます。

安全性

リモートアクセスのために、ファイアウォールのインバウンド通信を開く必要はありません。Dispelは、アウトバウンド通信専用のトラフィックルールに従ってリモートアクセス接続を確立します。

特長

DispelのインフラはOT DMZに置かれています。100台のデバイスでも、64,000台のデバイスでも、ネットワークを再構築することなくリモートアクセスすることが可能です。

進化するインフラストラクチャ

デジタルトランスフォーメーション(DX)は迅速な意思決定と業務効率化に欠かすことができません。DXが進行中または将来、予定している場合、導入するシステムは設計に応じて柔軟に対応ができる必要があります。

stack
  • データ抽出
  • オペレーション・レジリエンス
  • AI/MLオーバーウォッチ
  • サイバーフィジカルハイブリダイゼーション